医師紹介

院長 山田恭子よりみなさまへ

はじめまして。
胃腸科・肛門科の診療を担当します 山田恭子です。現在まで、大腸肛門病専門施設で数多くの胃・大腸内視鏡検査と肛門診察を担当することで研鑽を積み、また炎症性腸疾患の専門病院で潰瘍性大腸炎の診療に長く携わって参りました。
おなかのトラブルは様々ですが、特に便秘や突然の腹痛は、それにより生活の質が大きく左右されてしまいます。おなかのトラブルを解決するには、「食生活を含め、いかに腸を健康に保つか」が大切です。
ひとり一人のライフスタイルに合わせて腸を健康にすることが、心の幸せ、活気ある生活につながると,自身の女性外来の経験から強く感じております。
お尻のトラブルは、一人で悩みを抱えている方が大勢いらっしゃいます。いぼ痔などの肛門の不調は、「恥ずかしい」「診察で何をするのか不安・・・」といった診察に対するマイナスのイメージから病院を訪れることに躊躇してしまうかもしれません。しかし、お尻のトラブルは恥ずかしい事でも、特別な事でもありません。

山田恭子

DOCTOR / KYOKO YAMADA

山田恭子

おしりが健康になった時の快適な生活を、一人でも多くの方に実感していただきたい。そんな思いから、男女問わず、気軽に相談できるよう努めてまいります。
長年耳鼻咽喉科として地域医療に根ざしてきた山田医院に、皆様にとって心地よい新たな風を吹き入れていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

略歴

横浜市立大学医学部卒業
横浜市立市民病院 外科、炎症性腸疾患科
栃木県立がんセンター
宇都宮肛門・胃腸クリニック レディース外来担当
現在に至る

ドクターズ・ファイル

専門医・所属学会

日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本大腸肛門病学会、
日本臨床肛門病学会所属

理事長 山田朋之よりみなさまへ

昭和56年に先代から引き継ぎまして35年の間この土地で耳鼻咽喉科医師として地域医療を続けて参りました。
次男 山田浩之医師も診療に加わり、歴史ある耳鼻咽喉科診療施設として、また、新たに山田恭子医師が胃腸科・肛門科の診療にあたり、新生 山田医院として、常にあたたかく、ぬくもりのある診療を守っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

略歴

岩手医科大学医学部卒業
横浜市立大学附属病院 耳鼻咽喉科入局
横浜市立大学附属病院 耳鼻咽喉科講師
横浜逓信病院 耳鼻咽喉科部長
上記を経て、昭和56年 山田医院開院
鶴見区医師会副会長(平成7年)、鶴見区の小学校、中学校、高校の校医を務め、地域医療に貢献

資格

医学博士
日本耳鼻咽喉科学会 専門医

スタッフ紹介

非常勤医師 山田浩之

略歴

東海大学医学部卒業
慶應義塾大学病院耳鼻咽喉科助教
けいゆう病院 耳鼻咽喉科 部長
現在に至る

横浜市鶴見の消化器内科(内視鏡)・肛門外科・耳鼻咽喉科