内視鏡検査について

当院は次のことに力を入れています。

専門の確かな技術と最新機器を揃え、胃腸の病気の早期発見、早期治療を行います。
鎮静剤を用い、大腸に負担のない挿入法で苦痛のない検査を提供いたします。

イメージイラスト

大腸内視鏡検査

大腸がん、大腸ポリープの早期発見と、日帰りで内視鏡による治療を行います。

大腸内視鏡検査について

胃内視鏡検査

胃がん、胃潰瘍、胃炎、逆流性食道炎などの診断を行います。鼻からの市の胃がん検診も受けることができます。

胃内視鏡検査について

内視鏡のご予約についてはこちら

内視鏡検査室のご案内

検査控室

検査を受けられる方専用の待合室でゆっくりとお過ごしいただけます。

検査準備室・回復室

検査にご案内後は検査着のまま他の患者様と顔を合わせることがありません。周りの目を気にすることなく安心して受けられます。

内視鏡室

最新機器と高水準の洗浄設備を整えています。

大腸内視鏡検査大腸がん、大腸ポリープの早期発見と、日帰りで内視鏡による治療を行います。

大腸内視鏡検査は、おしりから内視鏡(先端に高性能カメラがついた細いチューブ)を挿入して大腸全体を観察する検査です。検査・診断のみでなくポリープのある方はその場で切除することもできます。
鎮静剤、鎮痛剤のお薬を使いながら、大腸に負担のかからない挿入法で、苦痛なく検査を受けることができます。
このような方に大腸内視鏡検査をおすすめします。

イメージイラスト

  • 健康診断の便潜血反応が陽性だった
  • 血便が出る
  • 便が以前より細くなった
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 大腸がんが心配である
  • おなかの痛みやはりがある
  • 大腸ポリープを指摘されたことがある
  • 大腸がんの手術をしたことがある

胃内視鏡検査胃がん、胃潰瘍、胃炎、逆流性食道炎などの診断を行います。鼻からの市の胃がん検診も受けることができます。

当院では鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)検査を行います。経鼻内視鏡検査は、口からの内視鏡検査と比べ、嘔吐反射を起こしにくく、苦痛が少ないことが特長です。最近の技術開発によって、検査の質も着々と進歩しており、口からの内視鏡検査に引けをとりません。
また、鼻血の出やすい人、鼻の狭い人、鼻の痛みの心配な方は、細い管を用いて口から内視鏡検査を受けることもできます。

イメージイラスト

ご希望に合わせて鎮静剤を使って寝ている間に検査を受けることができます。
胃癌だけではなく、ピロリ菌の感染が心配な方、胸やけでお困りの方など、ご自身の胃がどうなっているのかを確かめておくためにもぜひ一度お受けください。

胃・大腸内視鏡検査のご予約について

直接お電話、または携帯電話・パソコンから予約ができます。
内視鏡検査を予約する前に必ずご確認ください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)予約時の注意点

胃内視鏡検査:月・火・水・金・土の午前
当日の胃内視鏡検査も可能です。
検査の予約状況によりますので、当日検査をご希望の方は、必ず事前にお電話でお問合せください。

  • 食事について
    • 前日の夕食は午後9時までに済ませ、それ以降の飲食は控えてください。
    • 前日の21時以降は水、お茶、ポカリスエットなどの水分摂取は構いません。
    • 前日のアルコールは禁止です。
    • 検査当日の食事(牛乳、ジュース、お茶等も)は控えてください。水は飲んでかまいません。
  • お薬を服用中の方は、前日12時までにお電話または直接ご来院の上ご相談ください。
  • 鎮静剤の使用をご希望の方は、検査時に鎮静剤をご希望の方は、自動車、オートバイ、自転車を運転してのご来院は絶対におやめください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)予約時の注意点

大腸内視鏡検査:月・水・金の午後
検査の前に大腸の中をきれいにする必要があります。

  • 検査前日には食事の制限や下剤の服用、検査当日には腸の洗浄液を飲んでいただきます。検査の2日前までに必ずご来院ください。
  • 便秘の方や、くすりを服用中の方、内視鏡検査と一緒に採血をご希望の方は、検査の1週間前までにご来院ください。
  • ご来院時の健康状態により、予約日の変更が必要な場合があります。あらかじめご了承ください。

インターネット予約をご希望の方 → 内視鏡事前予約はこちら

お電話での予約をご希望の方   → TEL.045-581-3387

横浜市鶴見の消化器内科(内視鏡)・肛門外科・耳鼻咽喉科